微笑みの国ならあり得るかも

昨日はロンドン映画祭試写後、レインダンス映画祭で鈴木章浩監督インタビュー

ブンミおじさん(仮題)

お化け、半獣人、しゃべる魚etc.あり得ない状況が、すんなり受け入れられるのはタイの森の中の雰囲気によるところも大きそう。今年のカンヌで最高賞のパルム・ドールをタイ人監督としては初受賞した作品だけど、タイ人監督の映画見たの自体、初めてのような気がする。

ルナの子供

公式サイトLunar Child

監督から最後に出た話に驚いた。詳しくは映画ニュースで。田中冬星さんのご冥福をお祈りします。

広告

0 Responses to “微笑みの国ならあり得るかも”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2010年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。