ロンドン街中の変なもの

レインダンス映画祭の試写に通っていた間、ロンドン・デザイン・フェスティバルが開催されていた。ロンドンの街中に、いろんなものが出現。

写真は、トラファルガー・スクエア。観光写真スポットともなっているライオン達の前に陣取っているのが、クレメンス・ヴァイスハール&リード・クラムによるアウトレイスという作品だ。

触手というか脚というか、そろったり、バラバラだったり、いろいろに動き、見ていて厭きない。先端がピカッと光ったりして、なんかカッコイイ。

自動車メーカー、アウディの産業ロボットアームを使ったものだそう。公式サイトで世界中の人から受けつけたメッセージを、ロボットからの光で空中に浮かびあがらせる仕掛けだったらしい。

明るかったから、気がつかなかった。どんなメッセージが描かれたかは、MESSAGESで見られます。


広告

0 Responses to “ロンドン街中の変なもの”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2010年9月
    10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。